1. HOME
  2. ファンド・オブ・ファンズ実績
 

ファンド・オブ・ファンズ実績

投資運用業務

ファンド・オブ・ファンズの運用

当社は、これまで以下のファンド・オブ・ファンズの運用実績があります。

ファンド名 投資戦略 ビンテージ
エー・アイ・キャピタルジャパンI投資事業組合 日本・アジアのバイアウト、
ベンチャーキャピタルへ投資
2002
AIC-PCG Global Private Equity Fund I, L.P 欧米のバイアウト、
ベンチャーキャピタルへ投資
2004
エー・アイ・キャピタルジャパンⅡ投資事業組合 日本・アジアのバイアウト、
ベンチャーキャピタルへ投資
2006
AIC-PCG Global Private Equity Fund II, L.P. 欧米のバイアウト、
ベンチャーキャピタルへ投資
2007
AIC Asia Opportunity Fund, L.P. 日本を除くアジアのバイアウト、
グロースキャピタルへ投資
2011
Energy Opportunity Fund, L.P. エネルギーセクター特化型
PEファンドへ投資
2013
エー・アイ・キャピタル・ジャパン3投資事業有限責任組合 日本のPEファンドへ投資 2016
ジャパン・バイアウト・フィーダー・ファンド投資事業有限責任組合 日本のPEファンドへ投資
(特定の1ファンド)
2019
※上記のファンドは現在募集しておりません。

投資助言業務

当社は、投資一任運用及びファンド・オブ・ファンズの運用によって培った知見を基に、ファンド運営者(GP)や機関投資家といったお客様それぞれの
ニーズに応じたファンド投資のポートフォリオ構築に必要なサービス(投資案件のデューディリジェンス、投資実行等)を提供しています。

ファンド運営者(GP)に対する助言

現在、当社は投資助言会社として以下のファンド運営に携わっています。

ファンド名/GP名 戦略 ビンテージ
ジャパン・プライベート・エクイティ・オポチュニティ2021
投資事業有限責任組合(WMパートナーズ株式会社)
国内外のバイアウトファンド等の
LP持分へのセカンダリー投資
2021
※上記のファンドは現在募集しておりません。

当資料はエー・アイ・キャピタル株式会社が情報提供を目的として制作したものであり、 当資料の如何なる内容も、投資、法務、会計又は税務に関するアドバイスを目的としておらず、また個別の有価証券等の勧誘等を目的とするものではありません。
当資料は、作成時点において信頼できると思われる情報に基づき制作されていますが、かかる情報(第三者からの情報を含む)のいずれかについてもその公正性、
正確性、信頼性、完全性および妥当性について、明示または黙示を問わず表明または保証するものではありません。
当資料に含まれる意見や見通しについては作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。
当資料中の見通しや意見については、必ずしもエー・アイ・キャピタルとしての統一見解ではない場合があることにご注意ください。
当資料に記載する商品または運用戦略が、すべての投資家に適合するものではありません。
また将来の市場環境の変動等により、運用方針が変更される場合があります。過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。リスクに関するご説明はこちらをご確認ください。

エー・アイ・キャピタル株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第594号
加入協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会